Huggy huggy

カラーも豊富

商品一覧を見る

点線1

赤ちゃんの記憶に残る

ママの抱っこはきもちいい

- くっつくほど、子供と仲良くなれる -

パパやママに、「アタッチメント・ペアレンティング」の大切さを実感してもらい、赤ちゃんをたくさん抱っこ・おんぶしてもらいたい...それが、「ハギーハギー抱っこひも」に込めた、わたしたちの願いです。
「アタッチメント・ペアレンティング」とは、日本語で「愛着育児」。赤ちゃんを身につけ、肌と肌をなるべく密着させることです。

いつも一緒にいることで、パパやママと赤ちゃんの間に強い信頼関係ができます。赤ちゃんには自然に自信が芽生え、より自立した子供へと成長するといいます。

点線2

こんなお悩みありませんか

こんなお悩みありませんか

点線1

楽チンを大研究

肩への負担を軽減

肩への負担を軽減

Huggyhuggy抱っこひもは、赤ちゃんの”心地よさ”だけでなく、ママ・パパの肩と腰の負担の軽減にも取り組みます。肩ベルトの形状・パットの厚み、腰ベルトの形状とパットの厚みを数えきれないほど試したから、「肩も腰も楽チン」とご満足いただける抱っこ紐になりました。
負担の軽減率は、群馬大学との共同研究で科学的にも検証。他の抱っこひもと比較して【荷重分散】が理想的との結果が出ました。腰ベルトのないタイプに比べて肩の負担が55%以上軽減されると認められました。成長とともに体重の増える赤ちゃんを効果的に腰で支える設計だから、長く使える抱っこひもとしてお客様にご愛用いただいています。

群馬大学共同研究について

点線2

7日間レンタル

7日間レンタル

Huggyhuggyでは、購入前のレンタルサービスを無料で行っています。
到着の日から7日間、お散歩・お買い物・寝かしつけなど、実際に生活の中で試していただくことができます。
パパ・ママにも赤ちゃんとのフィット感を、ぜひ一度お試しください。

無料レンタルお申込み

点線1

安心設計

ここちよさ

おしりふかふか

Huggyhuggyの抱っこひもは、赤ちゃんが抱っこ・おんぶされた時の”心地よさ”のために、おしりに優しいクッション材を入れており、「安眠抱っこひも」といわれるほど赤ちゃんがよく眠ってくれます。その効果は、群馬大学との共同研究で科学的に証明されています。
ぐずった時に、寝かしつけに、夜泣きに、赤ちゃんに大切な睡眠をママの抱っこで助けてあげて、健やかな生育環境を整えましょう。

点線2

ママの声を生かした機能

コンパクト収納

コンパクト収納2

メッシュ仕様

メッシュ仕様2

ポケットを外せば呼吸する抱っこ紐

ヘッドカバー

収納コードで束ねておけます。

洗い替え可能ヘッドカバー

ヘッドカバーだけ取り外してお洗濯で清潔に。
取り外し可能ヘッドカバー

安全ホルダー

安全ホルダー

落下事故でよくある「脇からのすり抜け」を防止します。

▶︎▶︎▶︎首すわりの頃〜小さめ赤ちゃんは▶︎▶︎▶︎
小さなお子様の時は<安全ホルダー・上側位置>でお付け下さい。股の開きが小さいので首すわり後の小さなお子様でも無理なくご使用いただけます。抱っこひもの股幅より赤ちゃんのヒザが内側の場合、安全ホルダー上側位置をご使用ください。この位置ならふくらはぎに当たらず、赤くあとになることがありません。

▶︎▶︎▶︎股の開きに無理がない、または腰座りのお子さんは▶︎▶︎▶︎
またの開きに余裕ができたら<安全ホルダー・下側位置>でご使用ください。

safety

安全ホルダー使い方動画

点線1

カスタムオプション

ご購入の抱っこひもに、追加料金500円カスタムオプションをお付けいただけます。

ポケットファスナー

ポケットファスナー カスタム
ポケットにカギやお財布を入れたい、逆さにしたときに落とすのが心配...▶︎▶︎▶︎ファスナーを付けられるようになりました!
自社アトリエのあるHuggyhuggyだからできるきめ細やかなサービスです。

Dカン

肩ベルト Dカン
肩ベルトに色々掛けたい...▶︎▶︎▶︎Dカンをつけられるようになりました!
ガーゼをつけて赤ちゃんの口元を衛生的に。
おもちゃを掛けておいて赤ちゃんがぐずった時に。

ベルト延長

腰ベルト 長さ調整
ウエストが小さすぎて入らない...▶︎▶︎▶︎ウエストベルトをサイズアップできるようになりました!
女性より腰回りの大きいパパでもOK
はぎ合わせ部分はしっかり縫製するので強度抜群!

点線2

アクセサリー

ヘッドパッド

ヘッドパッド
“おんぶ”のとき、お休みのとき、あたまにフィットして”グッスリ”安心。赤ちゃんのあたまの衝突防止にも役立ちます。本体と同じ綿100%なので、汗もよだれも吸収します。

サッキングカバー

サッキングカバー
湿ったままにしておくと雑菌が繁殖して不衛生…でも、天気が悪いと洗濯しても乾かないし…
▼ ▼ ▼ ▼ ▼

サッキングカバー
Huggyhuggyサッキングカバーは、防水ラミネート加工のタオル地を使用しています。赤ちゃんのよだれや首回りの汗で濡れる心配がありません!もし汚れても、取り外して洗えるから衛生的。「洗い替えがあると便利♪」と2枚3枚ご購入いただいております。

アクセサリーを見る

点線2

こだわりの日本製

こだわりの日本製

Huggyhuggyは日本国内生産にこだわっています。Huggyhuggyスタッフの目の届く範囲で、ひとつずつ丹精込めてお仕立てした抱っこひもだけを皆様にお届けいたします。

抱っこひも開発のきっかけとなった子育て経験を生かして、我が子を抱っこするときと同じように、気持ちを込めてお仕立てしています。安心で安全な抱っこひもで、多くのお子さんが快適に、元気に育ってほしいと願っています。

安全性

安全への取り組み

安心の品質に加えて、抱っこひもの<フルオーダー><セミオーダー><カスタムオプション>ができるのは世界でHuggyhuggyだけ。自社のアトリエできめ細かな日本人スタッフだからこそ、メール対応も迅速。安心してお使いいただけます。もちろんご購入後の「破損」「ほつれ」にもご対応可能です。

※無償保証・有償保証に関わる内容は下記サポートページよりご確認ください。

サポート

点線1

ハギーハギーボックス

Huggyhuggy BOX

Huggyhuggy抱っこひもは専用のHuggyhuggy BOXでお客様のお手元にお届けいたします。子供達の未来のために、使い捨てのダンボールやビニールは少しでも減らしたいという思いから、このBOXを作りました。

Huggyhuggy BOXは商品を取り出したあとも<大切なお写真><思い出の品物><おもちゃ箱><保育園・幼稚園の作品保管箱>としてお使いいただけるようにデザインしています。また、贈り物としても大変お喜びいただいております。


点線2

お客様の声で育ちました

お客様の声

Huggyhuggyはたくさんのお客様からのメール、お手紙をいただきます。

Huggyhuggyをお届けし、抱っこ・おんぶにご活用いただくことで皆様の感動やお悩みがHuggyhuggyの製品とサービス、そしてスタッフを育ててくれます。

『お客様の声』はHuggyhuggyサイトのコメントレビュー・Facebookにたくさんいただいておりますので、抱っこひも購入の参考にぜひご覧ください。


お客様の声1

お客様の声2

お客様の声1

お客様の声2

お客様の声1

お客様の声2

上記お手紙は実際のお客様からいただいたものです。
貴重なご意見とあたたかいご感想を生かして、より心地良い製品創りを目指していきたいと思います。

コメントレビュー

よくある質問


点線2

何歳から?

月齢別

点線1

10のポイント

抱っこひもを選ぶポイント

大切なパートナーとの間に宿った赤ちゃんは目に入れても痛くないほど大切な宝物です。そんな宝物である赤ちゃんと一緒に外出する際には、抱っこひもを使用する方は多いと思います。しかし実際に購入するとなると数多くの店舗で販売していてどのタイプが良いのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。そこでこちらでは、抱っこひもを選ぶ時のポイントをご紹介します。

利便性に優れているか

天気が良い日は散歩に出かけたり、買い物に行く時に使用するなど様々なシーンで抱っこひもは活躍します。ママさんは荷物も持ちながら抱っこひもで赤ちゃんを固定していることも多いので、着脱がしやすくてコンパクトにまとめられる利便性の高いものの方が使いやすいと思います。

体への負担を考える

赤ちゃんが生まれると毎日のように抱っこしているママさんもいらっしゃると思います。育児に奮闘していると体に負担をかけ過ぎてしまうこともあります。とくに腰や肩がこってしまって辛いという方は多いと思います。抱っこひもも赤ちゃんの体重を腰や肩を重点として支えますので、一部に集中して負担がかかるタイプのものは避けてください。

口コミの評判を調べる

現在では雑誌やインターネットで先輩ママさんの口コミなどが見られます。新生児抱っこひもはどのタイプが良いのか分からない時にも、事前に評判を調べたり新生児抱っこひもランキングをチェックしてみると有益な情報を仕入れることができると思います。

使用素材を意識する

赤ちゃんのお肌は大人よりも非常に繊細です。そんな繊細なお肌を包み込む抱っこひもですので、素材にこだわったものを選んでください。夏は涼しく冬は温かいような通気性や保温性に優れた素材の抱っこひもがおすすめです。


当店でも多くのママさんから支持されている抱っこひも・おんぶ紐を多数揃えております。シンプルで使いやすいタイプから人気の多機能タイプまでございます。利便性・素材・形状などこだわり抜いた抱っこひもですので、価格面では安いとは言えませんが、大切な赤ちゃんの快適性を求めるのでしたら是非お買い求めください。

抱っこ紐のスタイル別特徴

赤ちゃんと一緒にお出かけをする際には、おむつや離乳食、哺乳瓶、着替え、タオル、おもちゃなどのベビーグッズが入った重たいマザーバッグを持ち歩きながら赤ちゃんを抱っこするので、普通に抱っこしながらでは何かと不便です。そのため、必要となってくるのが抱っこ紐やおんぶ紐です。

こちらでは、抱っこ紐のスタイル別特徴をご紹介します。

抱っこ紐やおんぶ紐をお選びになる際に参考にしてみてください。

横抱きタイプ

まだ首が据わっていない新生児と一緒に外出する際には、首周りをしっかりとサポートしてくれて、自然な状態で寝かせられる横抱きタイプの抱っこ紐が良いと思います。

しかし、横抱きタイプは両手を離して家事を行うことは難しいですし、使用期間も短いというデメリットがあるのも把握しておいてください。

縦抱きタイプ

一般的に多い抱っこ紐のスタイルです。赤ちゃんと向き合いながら密着した状態で抱っこができるので、安定感や安心感が得られやすいのでおすすめです。

また、赤ちゃんを進行方向に向けた状態で抱っこをする縦抱きタイプもあります。

このタイプの抱っこ紐は使用方法が分かりやすいものが多いのも特徴です。

両手を離して簡単な家事をこなすことはできますが、前に赤ちゃんがいるので料理をするのは難しいです。

おんぶタイプ

背中全体で赤ちゃんを支えているので肩や腰への負担が軽くてすみますし、安定感も抜群です。

育児をしていると赤ちゃんを横にして寝かせているとぐずってしまい、家事がままならない場合もあると思いますが、こちらのおんぶ紐スタイルですと背中で抱っこしながら家事がこなせるのでたいへん便利です。

多機能タイプ

赤ちゃんは非常に成長が早いです。

数ヶ月であっという間に大きくなります。多機能タイプの抱っこ紐は、1つあれば赤ちゃんの成長に合わせて長く愛用し続けることができる万能タイプなので、非常に使いやすいと思います。


当店でもそんなこだわりの抱っこ紐やおんぶ紐をご提供しています。機能性が充実しているだけでなく、デザイン性にも優れているので、ランキングなどでも評価の高い人気商品ばかりです。大切な赤ちゃんが快適にお出かけできるようにするためにも、是非お買い求めください。

「腱鞘炎」がママの悩み?

腱鞘炎の悩みに

とってもかわいい赤ちゃんとは、たくさん触れ合って、やさしい気持ちや温もりを与えてあげたいものです。

しかし、そんな赤ちゃんは、生まれたときには3000g前後でも、3ヵ月後には6000g前後、1年後には10kg前後にまで大きく成長するのです。

それは本来、とっても喜ばしいことですが、大きくなればなるほど抱っこやおんぶが大変になるという面も持ち合わせています。

お母さんの悩み「腱鞘炎」泣き」など泣いていることについてのものが多いですが、実は抱っこによる「腱鞘炎」も悩みとしてメジャーなものなのです。

腱鞘炎とは?

育児中に起こる腱鞘炎は、「腱鞘」と呼ばれる筋肉を滑らかに動かすためのトンネルと、筋肉の「腱」がこすれて痛んでいるケースが多いといわれています。

ほとんどの場合、この原因は赤ちゃんの抱っこで手首などを使いすぎてしまったことになるようです。

ママだから起きやすい

妊娠中、私たちの体にはリラキシンというホルモンが分泌されています。
リラキシンには、骨盤などの関節をゆるめる働きがあり、出産の際に骨盤が広がりやすいようにしてくれているのです。

リラキシンは出産後に分泌が止まるので、関節は再び固まりはじめます。しかし、影響を受けてゆるんでいた手首などの関節は、不安定な状態で固まってしまうことが多いです。

そのため、ママの手首は以前よりも負担がかかりやすく、腱鞘炎が起きやすい状態と言われています。

腱鞘炎対策には「抱っこ&おんぶひも」

腱鞘炎にならないためには、手首に負担をかけないようにすることが大切です。そこでおすすめの対策が、抱っこひもやおんぶひもになります。

抱っこひもやおんぶひもは、昔から使われてきているものであり、後ろのバッテンが特徴の昔ながらのおんぶひもなどは、今も変わらず人気です。

抱っこひもやおんぶひもを活用することで、ママの手首にかかる負担は格段に減らすことができます。

また、おんぶで眠れるようになれば、家事などもしやすくなるのです。出産後の腱鞘炎が不安だというママも、腱鞘炎に今現在悩まされているというママも、抱っこひもやおんぶひもを是非活用してみてください。


抱っこひもやおんぶひもを選ぶ際、人気ランキングなどを参考にされる方は多いですが、オーダーメイドも検討してみませんか?Huggyhuggy抱っこひもは、抱っことおんぶの両方に対応している抱っこひもです。肩だけでなく、腰でも赤ちゃんの体重を支えるため、体の負担の少ない抱っこひもになります。抱っこ&おんぶひもをお探しでしたら、是非Huggyhuggyで世界にひとつだけの抱っこひもを作ってみませんか?

''''

夏のお出かけについて

赤ちゃんとのお出かけには、抱っこ紐やベビーカーが定番です。こちらでは、暑い夏に赤ちゃんとお出かけするときのコツについてご紹介します。

夏場のお出かけは抱っこ紐?それともベビーカー?れと同時に、晴れ渡った青い空ときれいな草花が楽しめる、お出かけシーズンでもあります。そんな夏場のお出かけには、抱っこ紐とベビーカー、どちらを使用していますか?

「抱っこは暑いから」、「新生児だから」と、ベビーカーを選ばれる方もいらっしゃいますが、夏のベビーカーは地面からの照り返しによって思っている以上に熱くなっていることがあります。また、赤ちゃんの様子に気づきにくいこともあるため、抱っこ紐でのお出かけが赤ちゃんのためにも望ましいです。抱っこ紐なら、汗をかいてのどが渇いた赤ちゃんの様子にもすぐに気がつくことができます。

抱っこ紐でも快適にお出かけ

赤ちゃんと密着する抱っこ紐でも、ちょっとした工夫で快適にお出かけできます。

  • ポイント1. 服装
    まず、ママとパパの服には、薄手でコットンなどの自然素材のものを選び、2枚重ねで着用します。そうすることで、お互いの汗が吸収されやすくなり快適になります。赤ちゃんの服には、自然素材で薄手のもの1枚がおすすめです。お出かけの時間が長いときには、着替えを持ち歩くようにすると良いでしょう。
  • ポイント2. 体温調節グッズ
    汗をふき取ってあげるガーゼタオルや、保冷ジェルなどの保冷グッズを使って、赤ちゃんの暑さ対策をしましょう。今は、抱っこ紐に付けられる赤ちゃん向けの保冷グッズもたくさんあるため、使いやすいものを選ぶと良いです。また、店の中に入ると冷房で体を冷やしてしまうので、赤ちゃん用に薄手のショールやタオルなどを用意しておくのもポイントになります。
  • ポイント3. メッシュ素材の抱っこ紐
    抱っこ紐を選ぶ際に、通気性の良いメッシュ素材を使用しているものを選ぶと、夏の抱っこでも熱がこもりにくくなるのでおすすめです。赤ちゃんグッズの人気ランキングでも、メッシュ素材の抱っこ紐は上位にランクインしています。


このように、ちょっとした工夫だけでも暑い夏に快適なお出かけを目指すことができます。季節を問わず色々なところへお出かけして、赤ちゃんにたくさんのものを見せてあげてみませんか?
Huggyhuggy抱っこ紐は、ママとパパ、赤ちゃんのことを考えて作られている抱っこ紐です。メッシュレギュラータイプもご用意しておりますので、夏のお出かけに是非ご活用ください。また、ご購入いただいたママからの口コミやレビューもご覧いただけますので、ご参考ください。

抱っこ紐を使用するときのコツ

抱っこひもは育児をする上で欠かすことができないアイテムです。抱っこひもを使用する時はパパやママだけでなく、赤ちゃんが快適に過ごせるものを選びたいでしょう。こちらでは、抱っこひもを使用する時のコツをご紹介いたしますので、これから抱っこひもを使用する方は是非ご参考ください。

子守唄

様々な便利グッズが販売されている中でも抱っこひものクオリティは高まっています。新生児のうちは、大人しくパパやママの腕の中で眠ってくれますが、少し大きくなるとお子様がじっとしてくれなくなります。お子様をスムーズに睡眠に誘導したいという方は、昔から多くの方が取り入れている「子守歌」を歌いながら抱っこやおんぶをすることをおすすめします。
お子様の心と身体に落ち着きを与えるためには、パパやママの心音に近い、しっとり落ち着いた曲を選曲することがポイントになります。お子様の機嫌を良くしたいという場合にはお子様の好きな歌を唄いながら少し身体を揺らしてみると良いでしょう。

収納を活用する

抱っこひもに収納がついている場合は収納を上手く活用すると、とても便利です。お子様のよだれを拭くタオルやおむつ、ちょっとしたおもちゃなどを抱っこひもに収納しておくといつでもどこでも簡単に取り出すことができるようになります。抱っこひもについている収納を上手く活用することで、荷物の量を減らすこともできるでしょう。

こまめに休憩する

赤ちゃんを抱っこすることは、少なからず身体に負担がかかります。これは抱っこするパパやママだけでなく、赤ちゃんにも言えます。そのため外出をする時は、こまめに休憩することがコツに繋がります。スーパーなどではお子様を乗せることができるカートも準備されているので、疲れを感じた時はこのようなカートに加え、抱っこひもを活用してみると良いでしょう。

赤ちゃん抱っこひもランキングや抱っこひも比較ランキングで人気抱っこひもを探しているという方は、当店の抱っこひもを選ばれてみてはいかがでしょうか。
身体にかかる負担を軽減した抱っこひもだけでなく、とことんこだわりたいと考えられている方にぴったりなテキスタイルの組み合わせを自由に決めることができる商品もございます。

乳幼児とお出かけする際の注意点

子育てに忙しいお母様の中には、新生児の頃から赤ちゃんと一緒にお出かけする機会が多い方もいらっしゃいます。抱っこひもなどお出かけに便利なグッズを活用したいものですが、こちらでは新生児や乳幼児の赤ちゃんとお出かけする際に注意すべきポイントをご紹介します。

安全性に気をつけよう

普段外に出る機会の少ないお子様は、見るもの聞くもの全てが興味をそそられる対象だと思います。特に歩き始めたばかりのお子様は色々なところに行こうとするので、万が一の事故や迷子に注意したいものです。また、ベビーグッズにしてもまだ首がすわっていない新生児とお出かけする場合、首がガクッとならない構造の抱っこひもを選ぶなどしていただくと安心なのではないでしょうか。

お子様の体調を最優先

赤ちゃんとお出かけするきっかけには、散歩や気分転換などの理由もあると思います。しかし、赤ちゃんとこうしたお出かけを楽しむ時には、何と言っても赤ちゃんの体調が最優先です。
例えば、体温調節機能がまだ発達していない赤ちゃんの場合、熱中症や極度の寒さにより体調を悪くしてしまうケースもあります。通気性・保温性に優れた抱っこひもはおんぶの場合でもお母さんの体温が直接感じられるものなので、重宝していただけるものだと思います。

持ち物は機能的に収納

お出かけの際は赤ちゃんのことだけでなく、様々な動作をするケースが考えられます。抱っこひもは両手が塞がらない赤ちゃんグッズとしてもおすすめですが、プラスアルファで手の届く範囲に収納があるものは口コミランキングなどでも人気です。
当店のアイテムは他にも工夫次第で便利な収納が考えられるので色々な収納方法をお試しください。


赤ちゃんとのお出かけは様々なアンテナを張り巡らせる必要があり、お母様にとっては気の抜けないものではないでしょうか。
抱っこひもは価格や機能性なども様々ですが、お出かけの際に役立てていただけるグッズです。

おんぶ紐を通販でお探しなら

今、使っているおんぶ紐に物足りなさを感じたことはありませんか。多くのママ・パパがおんぶ紐を使用していますが、持っていても使わないという人の割合は少なくありません。実際におんぶ紐を使ってみたところ、様々な物足りなさを感じる人が多いようです。

なかでも「ママの体への負担が大きい」という理由がとても多いです。長時間抱っこしていると肩こりや頭痛がする、子供の体重が増えて肩への負担に耐えられない、腰ベルトがないので負担が大きいなど、様々な悩みがあります。赤ちゃんの姿勢が悪くなってしまう、おんぶ紐が赤ちゃんの太ももに食い込んで跡ができる、短時間の使用でも蒸れてしまうなど、赤ちゃんへの負担を心配する声も多いです。

そして「装着の仕方や収納が面倒である」という声もあります。「ママ・パパが楽に感じて、簡単に装着できるもの」が、使いやすいおんぶ紐を選ぶポイントになるでしょう。




おんぶ紐と一口にいっても、ランキングで探せばたくさんの人気商品があります。なかには、新生児から使える価格の安い商品もあり、思わず飛びついてしまいたくなります。

ですが、価格だけを見て選んでしまうと、様々な不満などを抱えてしまうことになるかもしれません。
実際におんぶ紐を使っている人の意見や不満をもとに、その不満を解消してくれるおんぶ紐を選ぶことをおすすめします。

ママとパパ、そして赤ちゃんが快適でいられるおんぶ紐を使っていきたいですね。


おんぶ紐を通販でお探しでしたら、当店をご利用ください。幅広のウエストベルト、ソフトクッション、立体裁断、持ち運びに着目したコンパクトバック設計など、快適に使うための工夫をいたるところに施しています。

試してから購入したいというお客様のために、無料でのお試しレンタルを実施しています。当店では、お客様からの貴重なご意見・ご感想をいただき、今後の商品作りに活かしていきたいと考えております。
お気づきの点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

赤ちゃんを抱っこするメリット

抱っこの必要性

抱っこは赤ちゃんにとって安心感を得るために必要なものです。一昔前は、あまり抱きすぎると抱き癖がついて甘えん坊の子供になるという理由で抱っこのしすぎは良くないとされていました。

しかし、抱っこをしなければスキンシップの足りない子供は情緒不安定になる、自信が持てないなどといったケースに繋がることもあるようです。しっかり愛情を注ぎ込むことで、自信に満ち溢れ、好奇心旺盛な子供になると考えられています。

また、親にとっても赤ちゃんとスキンシップをとることは癒しの時間になります。子供を抱っこできる期間は限られています。抱っこできるうちは、たくさん抱っこしてあげることをおすすめします。

メリットについて

  • 身体の発達を促す抱っこをされた時、赤ちゃんは身体全体で親にしがみつきます。そうすると安心感が得られるうえに、身体の筋肉などの発達が促されます。また、抱っこをしながら歩く・止まるなど様々な動きをすることで、赤ちゃんは自然と自分の体位を維持するための動作をします。抱っこされながらバランス感覚を養い、体を維持することを学んでいるのです。
  • いろいろなことに興味を持つようになる抱っこされる時は、ほとんど大人と同じ目線になります。寝かされている時よりも高い位置にいることで、違った刺激を受けることができます。見るもの、聞こえるものなどの種類が増え様々な刺激を受けます。このように様々な刺激を与えられた子供は、将来的に好奇心旺盛になる可能性が高くなると考えられています。


赤ちゃんを長時間抱っこすると体力が奪われます。身体にかかる負担を軽減させるためにも抱っこひもを利用することをおすすめします。ネットでも人気抱っこひもランキングや抱っこひも比較サイトなどが注目されているので、どの抱っこひもを選ぶべきか迷うこともあるでしょう。

赤ちゃんの肌に触れるもの、赤ちゃんを支えるものですから安心できる日本製の抱っこひもを選んでみてはいかがでしょう。当店で販売しているHuggyhuggyは安心の日本製であり、日本人の新生児の身体に合った抱き方ができるように作られています。

赤ちゃん抱っこひもをお探しでしたら当店のHuggyhuggyをご利用ください。お試しレンタルもできますので、お気軽にお問い合わせください。

抱っこ・おんぶひもの変化

抱っこひもやおんぶひもはここ最近で使用されるようになったものではなく、古い昔から世界中で使用されていた歴史があります。

こちらでは時代の流れに伴って変化した抱っこ・おんぶひもの様子をご紹介いたします。

昔のおんぶひも

昔ながらのおんぶひもと言うと、多くの方がただのひもを赤ちゃんの身体に回し、胸の前で縛ったものをイメージされることでしょう。

世界中で使用されていた昔のおんぶひもはそれぞれの国で身近な存在である布を使って赤ちゃんを背中に背負っていました。

当時着物を身につけていた日本では、着物を着る時に使用する帯やさらしをおんぶひもとして代用していたという歴史があります。

昔の抱っこ・おんぶひもは赤ちゃんの背中、膝の裏にひもを回し赤ちゃんの身体を支えていました。

第二次世界大戦が行われた時代になると、背もたれのようなものがつき、胸の前でひもを縛らない形のおんぶひもが開発されたとされています。

昭和50年代後半に入ると、おんぶよりも抱っこをされる方が増え、おんぶひもよりも抱っこひもが注目されるようになったのです。

現代の抱っこ・おんぶひもやママ、赤ちゃんが安心して使用することができるものが増えました。機能性が優れているので、お子様の状態に合わせて選ぶことができます。

昔ながらのおんぶひもでは外出時におしゃれをしてもファッションを楽しむことができませんでしたが、現代の抱っこ・おんぶひもはファッション性が高い特徴がありますので、どんなファッションにも気軽に取り入れることができるようになりました。

毎日行う育児はストレスが溜まってしまうこともありますが、お好きなデザインの抱っこ・おんぶひもを取り入れることで育児を楽しんでいただくことができるアイテムと変化しているのです。


人気おんぶひもランキングなどを参考に、安心して使用することができる抱っこ・おんぶひもをお探しの方は、当店の抱っこ・おんぶひもを選ばれてみてはいかがでしょうか。
日本製の商品なので安全面にこだわりたいと考えられている方におすすめです。

抱っこひもの熱中症対策について

赤ちゃんは体温調整が未発達

赤ちゃんは体温調整が未発達ですので、外出の際には気を使っていただくと良いと思います。
抱っこひもの「熱中症対策」
Huggyhuggyでは抱っこひものポケットに【保冷剤】を入れると、メッシュ機能で「ひんやり冷気」が赤ちゃんの背中に適度に届く仕組みになっているますので、他の保冷剤ホルダーの必要はございません。
抱っこひもに保冷剤

ポケットの内側から背中側の立体メッシュに通気しますので”適度な冷気が”直接赤ちゃんの背中に伝わって、快適にお過ごしいただけます。
抱っこひもに保冷剤

冷たすぎないかな?
そんな心配な時は「保冷剤をガーゼで包む」冷たさの調節ができますのでお試しください。
抱っこひもの保冷剤の使い方

暑くても赤ちゃんは抱っこして欲しい時があります。
・お散歩に。
・お出かけの時に。
・熱帯夜に。

そんな時にお試しくださいませ。


点線2

試着アプリ

試着アプリ

アプリダウンロード

点線1

お知らせ

ただいまご好評をいただき生産が追いつかず在庫切れ多数でご迷惑をお掛けしております。
在庫切れの抱っこひもも「予約注文」にて承っております
2~3週間ほどのお仕立て期間でお届けできますので【お問い合わせ】よりご要望ください。

New 2017.5.20インスタグラムはじめました
2016.2.16掲載情報について
2015.12.10クリスマス感謝セール開始しました☆
2015.12.4クリスマス感謝セールについて
2015.11.18新商品<タータンシリーズ>発売開始☆
2015.8.14新デザイン発売について
2015.8.12抱っこひもの熱中症対策してますか?
2015.7.31Huggyhuggy抱っこひも試着コーディネートアプリリリース
2015.6.10サイトリニューアルしました
2015.5.14SG基準改定について
2014.12.27年末年始の営業について
2014.12.11クリスマスキャンペーンについて
2014.11.6オーガニックコットン【ピュアホワイト】発売開始
2014.7.31夏期休暇について
2014.7.8キッズデザイン賞を頂きました☆
2014.6.21群馬大学の機関誌に共同研究の成果を寄稿いたしました。
2014.5.26メッシュレギュラー【スポーツデニム】販売開始について
2014.5.12メッシュレギュラー【レインボー】ご予約開始について
2014.4.14テキスタイル【カラフルポップ】完売について
2014.4.1消費税増税に関する変更点について>
2014.1.16インディゴフラワー<メッシュレギュラー>発売開始☆
2014.1.6営業開始いたしました。
2013.12.25年末年始の営業・発送業務について
2013.12.5クリスマスキャンペーン開催中☆
2013.12.5ホワイトドット<メッシュレギュラー>発売開始☆
2013.12.3サッキングカバーがアップデートいたしました。
2013.11.4<オーダー><オリジナルファブリック>再開いたしました♪
2013.10.9<オーダー><オリジナルファブリック>お休みについて
2013.9.3メッシュレギュラー3デザイン追加いたしました。
2013.8.31Huggyhuggyだけの「特別な研究」
2013.6.6 早期夏季休業について
2013.6.5 新作トロピカルピンク完売致しました。
2013.5.22新作3デザイン発売
2013.5.2<ジェリービーンズ/メッシュレギュラー>少量入荷いたしました。
2013.4.23ゴールデンウィークお休みについて
2013.4.19☆2012.9月お承り<オリジナルファブリック>について
2013.4.8<ジェリービーンズ/メッシュレギュラー>一時在庫切れについて
2013.3.22☆2012.8月お承り<オリジナルファブリック>について
2013.2.22Huggyhuggy<プレミアム>に仲間が加わりました☆
2013.2.15<オリジナルファブリック>サービス再開致しました。
2013.2.1<オリジナルファブリック>再開のご案内
2013.1.24安全なクレジットカード決済システムの使い方について
2013.1.21配送BOXは現在通常の段ボールのみのご対応となっております。
2013.1.11Huggyhuggy×こまもり作品紹介について
2013.1.7【通常購入商品】発売について
2012.12.28年末年始の営業について
2012.12.25<こまもり>×<Huggyhuggyコラボ商品のお知らせ>
2012.12.21<クリスマスキャンペーン>本日最終日です♪
2012.12.16<クリスマスキャンペーン>5日間延長致します。
2012.12.15 7月お承り<オリジナルファブリック>について
2012.12.12システム不具合のため<クーポン利用>のご希望は【お問い合わせ】にて受け付けております。
2012.12.3システム復旧致しました。クリスマスキャンペ−ンのご購入頂けます。
2012.12.2只今システムトラブルのためお買い物頂けません。復旧の見通しは12月3日の午後となります。ご不便お掛け致しまして申し訳ございません。
2012.12.1クリスマスキャンペーン新商品【Pop LineDenim】の販売開始
2012.11.28Huggyhuggy新デザイン【WAGARA】発売開始
2012.11.15 新しいコンセプトの<Huggyhuggy>が誕生しました。

2012.10.17ご好評につき【オレンジボーダー】が完売致しました。
2012.9.24【Usedデニム】の材料の在庫が無くなりました。入荷未定です。
2012.8.30【オリジナルファブリック】2013年4月分ご予約とそれ以降の中断について
2012.8.18Huggyhuggy新デザイン【ジェリービーンズ】発売開始
2012.8.12【オリジナルファブリック】2013年3月分ご予約頂きました。
2012.8.4 6月お承り<オリジナルファブリック>について
2012.7.23【ウォッシュデニム】完売致しました。次回入荷は8月15日頃です。
2012.7.15【ウエストワンタッチ収納】について
2012.7.11【オリジナルファブリック】2013年2月分ご予約頂きました。
2012.6.305月お承り<オリジナルファブリック>について
2012.6.28【オリジナルファブリック】2013年1月分ご予約頂きました。
2012.6.25【早期夏季休業】のお知らせ
2012.6.16【オリジナルファブリック】12月分ご予約頂きました。
2012.6.15【オリジナルファブリック】11月分ご予約頂きました。
2012.6.15【オリジナルファブリック】10月分ご予約頂きました。
2012.6.14【オリジナルファブリック】9月分ご予約頂きました。
2012.6.104月お承り<オリジナルファブリック>について
2012.6.4【オリジナルファブリック】8月分ご予約頂きました。
2012.6.2【サッキングカバー】が新しくなりました。
2012.5.29【オリジナルファブリック】7月分ご予約頂きました。
2012.5.19【ウォッシュデニム生地再入荷】
2012.5.14【オリジナルファブリック】6月分ご予約頂きました。
2012.5.12【オリジナルファブリック】ご予約ページ開設いたしました
2012.5.9【メッシュオプション】お申込み開始について
2012.5.5メッシュタイプ【レインボー】発売開始いたします
2012.5.4メッシュタイプ【レインボー】について
2012.5.2【ウォッシュデニム】5月17日入荷予定
2012.4.13再【ウォッシュデニム】完売について
2012.4.4<オリジナルファブリック>3月のオーダーについて
2012.3.26【お試しレンタル】お待たせしております。
2012.3.23【ウォッシュデニム】生地入荷いたしました
2012.3.13【マルチチェック】生地再入荷について
2012.3.8【オリジナルファブリック】3月分ご予約終了について
2012.3.6【オリジナルファブリック】お引き受け開始ついて
2012.2.28【ウォッシュデニム】完売について
2012.2.27【マルチチェック】完売について
2012.2.16【サッキングカバー】洗い替えセット発売開始
2012.2.7【アジャストホルダー】発売開始
2012.2.4メニューに【Pinterest】を追加しました。
2012.1.23【ヘッドパット】4素材追加発売について
2012.1.20【アーカイブ】ページ追加について
2012.1.14Huggyhuggyの新デザイン【ポップフラワー】発売開始
2012.1.5営業開始とお知らせ
2011.12.26Huggyhuggyの新デザイン【オレンジボーダー】発売開始
2011.12.25Huggyhuggy【クーポン取得の方法】についての説明
2011.12.22Huggyhuggy【年末年始のご案内】について
2011.12.14Huggyhuggy抱っこ紐・おんぶ紐【クリスマス感謝企画】お得なセット商品のお知らせ
2011.12.13【商品重量についての変更】のお知らせ
2011.12.6【ステッチフラワー/ホワイト】がご好評につき完売致しました。
2011.11.28新商品Huggyhuggy【ウォッシュデニム】発売致しました。
2011.11.26サイドテープの強度が55㌔→77㌔まで耐えられるように改善しました
2011.11.20お得なスタンダードモデル発売いたしました。
2011.11.19オーダー商品の価格改定いたしました。
2011.11.11【Huggyhuggyアクセサリー】発売開始しました。
Huggyhuggy Google+ページ作成しました。
2011.11.4
11月18日よりHuggyhuggy【スタンダードタイプ】(廉価版)発売いたします。
11月18日よりオーダーメイド価格改定(2000円値上げ)いたします。
11月11日よりアクセサリー商品の販売を行います。
2011.10.31<Huggyhuggyが安全な理由?>を追加いたしました。ご覧ください。
2011.10.24プラスチックパーツに関する【強度】について追記しました。
2011.10.1マルチチェック(カラフル)追加しました。

  • 【Huggyhuggy】と抱っこ、おんぶについての新着情報!


点線2
パパ・ママにも赤ちゃんとのフィット感を、ぜひ一度お試しください。

無料レンタルお申込み